最近のトラックバック

« 女子十二楽坊松本公演2007(その2) | トップページ | おかげさまで »

2007年9月15日 (土)

ニューアルバム「上海」

先日の女子十二楽坊の松本公演で、ニューアルバムの「上海」を買いました。今日は休みだったので、暑いですが窓を閉め切ってステレオで大きな音で聴いてみました。

このアルバムは全曲新録音ということだそうです。本当の新発表曲はスティングの「フラジャイル」とヘンデルの「王宮の花火の音楽」だけですが、「バッハトリビュート」もデビューアルバムに入っていたものよりも完成度の高いものになっています。

他には「マイ・ハート・ウイル・ゴー・オン」もかなりアレンジが変わっています。二胡のソロを入れ替わりで全員が担当するというもので、それぞれのメンバーの個性が現れていて興味深いですね。「誰も寝てはならぬ」もアレンジが変わりました。

一方でクレジットはされていませんが、ライブ音源と思われるものがいくつかあります。

「花まつり」はスン・イエンさんの簫(しょう、縦笛)で始まりますが、息づかいがはっきりと聞き取れますね。別にそれ自体は何も悪くありませんが、スタジオ録音では聞こえていなかったものなので、通常のマイク及び口元のマイクでも集音していることがわかります。「花児與少年」も同様でライブっぽい音ですね。

確かに新録音には違い無いですが、その辺って何でクレジットしないんでしょうかね。音楽としての質が落ちるわけでは無いんですが、音質は明らかに落ちるわけですから、逆にそんなことで聴いた人の評価を落とされたら、たまりませんよね。ライブ音源って書いてあれば、聴いた人も納得すると思うんですが。

ところで、この「上海」の中でのお気に入りは「フラジャイル」です。元々私はスティングが所属していた「ポリス」のファンだったということも関係あるかもしれません。でも、先日のライブで聴いたこの曲はもっと素晴らしかったと思います。特にスン・ティンさんの二胡のソロにはしびれました。

さっきと反対のことを書くみたいですが、ライブで演奏するのはスタジオよりも一層気持ちがこもるのかもしれません。だからこそライブアルバムの存在価値が出てくるわけですが、上海ライブDVDの音源をそのままCD化してくれても良かったのかもしれませんね。

もっともそうするとCDでは2枚組みになって価格が上がってしまいますから、出来なかったのかもしれませんね。この辺が製作者側の悩みなんでしょう。

« 女子十二楽坊松本公演2007(その2) | トップページ | おかげさまで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子十二楽坊松本公演2007(その2) | トップページ | おかげさまで »