最近のトラックバック

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年7月26日 (木)

ファンに媚びること

私は女子十二楽坊はファンをとても大切にしていると思いますし、演奏もいつも手を抜くことがなく真剣にやっていると思います。彼女達は音楽家ですから、まず良い音楽を演奏して聞いてもらうことが第一の仕事だと思います。

しかし、日本では営業上の理由から変なことをやらされることもありました。あのサンタの衣装は正直私は気にいりません。ディナーショーの時の白いドレスや、フレンチレボリューションの赤い衣装では何故いけなかったんでしょうか。

オフステージでそういうことをして、茶目っ気を見せるっていうのは構わないと思うんですが、演奏の時にああいう衣装を着ると、それだけで音楽家として軽く見られてしまいますよね。熱烈なファンはそんなことを思いませんが、一般の人が期待しているのはそんなことでは無いと思います。

真の意味でビッグになった時は、何をしようがお構い無しにファンは着いて来てくれるんですが、まだそういう時期ではなかったですね。

続きを読む "ファンに媚びること" »

2007年7月 2日 (月)

ライブは生で(意味不明?)

これまでの関連ネタではあるんですが、ライブレコーディングの意味について考えてみました。中国民楽ももちろん、クラシックなども元々人前で演奏することが前提ですし、他の音楽も生で聞くのが常識でした。

もちろんレコーディングした音楽というのも古くからありましたが、それはあくまで直接演奏を聴きに行けない人のためのものだったり、ラジオで放送するためだったりしました。(その昔はテレビもラジオも生放送でしたが)。

これを変えたのがビートルズで、スタジオワークを駆使してライブでは再現不可能なレコードだけの世界っていうのを作り出しました。そして、演奏活動を一切止めてしまったのですから、非常に画期的な出来事でした(本当は私はリアルなビートルズの時代よりは、数年後の世代です)。

続きを読む "ライブは生で(意味不明?)" »

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »