最近のトラックバック

« 報道は正確にお願いします | トップページ | どちらかと言うとCDを楽しみにしています »

2007年6月25日 (月)

Live From Shanghaiより

久しぶりの更新です。最新版の「Live From Shanghai」、私はまだ購入していないんですが、YouTubeに早速アップされていましたので、チェックしてきました。

演奏の出来は結構良いみたいですね。多少チューニングが厳しい部分もありますが、中国古典楽器の場合は本当にチューニングが大変で、何時間も掛けて合わせても気温などによって狂いが生じてしまうみたいですので、その辺は目をつぶって下さい。

さて、興味のあった演奏は映画「タイタニック」から「My Heart Will Go On」です。

最初のソロを二胡奏者が一人ずつ演奏していますね。こうして聴くと同じ二胡と言っても、奏者によって表現にかなりの違いがあるというのがわかります。

さて、この中でおっと思ったのが、ジャン・ジンさんの演奏でした。彼女のソロを聴く機会ってあまり無かったのですが、素晴らしい表現力ですね。とても繊細で尚且つダイナミックな演奏で感動しました。彼女はもっとソロパートを演奏して良いと思います。

彼女に限らずこの6年間にメンバーの技術は一段と向上しているようですね。

それからメンバーとは関係ないんですが、「輝煌」のバックのギターにディストーション(ハードロック系の歪んで伸びる音)が掛かっていたのが、聴いていて良かったです。シンセサイザーの電子音とは違った、ハートを感じる音色でした。女子十二楽坊だけでなく、中国のミュージシャン達の実力も上がっているみたいです。

惜しむらくは、オリジナルアルバムがずっと発表されていないことですね。女子十二楽坊の世界を確立して行くってことをしていかないと、ベンチャーズみたいになってしまいそうな気がしてちょっと心配です。

« 報道は正確にお願いします | トップページ | どちらかと言うとCDを楽しみにしています »

コメント

ニッキさん、お久しぶりです。
この「Live From Shanghai」は私が言うのも可笑しいですが、絶対のオススメ版ですd(^-^)ネ!
「Live From Shanghai」を現場で観覧した私の感想は、私が見た2006年楽坊ステージ(日本・中国を合わせて16公演観覧)の中では間違いなく”ベストパフォーマンス”です!!!
「My Heart Will Go On」最初のソロを二胡奏者が一人ずつ演奏する場面は必見です!同じフレーズを弾いているのに二胡隊それぞれの音色がまったく違っていて心が震えます。
あまりネタバレは宜しくありませんが、もう一つ見どころを挙げれば最初の自由の最後で映るリーチャンさんのバックショット!ボディアクションが素晴らしく”好!”当に魂の演奏という言葉がぴったりです。


kanchiさん、さっそくコメントありがとうございます。
このコンサートでの演奏は良いですね。演奏中のリーチュンさんは良い意味で人が変わっていますので、彼女のパフォーマンスも楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 報道は正確にお願いします | トップページ | どちらかと言うとCDを楽しみにしています »